会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

ホンダCR-VハイブリッドEXマスターピース4WD(1)

2019/6/15 (土)

 

以前から興味があったCR-Vに乗ってみました。

 

 

昔のモデルと比べると、

ずいぶん大きくなったと思います。

 

 

ボディ下の

メッキモール位置が上げられていることで、

腰高感がありません。

 

 

後方から見ると

ボルボのような輸入車に見えます。

 

 

個人的には、

まあまあのデザインだと思います。

 

 

ヘッドランプは

同じホンダのアコードに似ています。

 

 

フォグランプもLEDになっています。

 

 

タイヤはブリジストン製でした。

 

手の込んだデザインのアルミです。

 

 

タイヤサイズは235/60/18インチとなり

一般的なサイズです。

 

このタイヤは静粛性に優れており、

ロードノイズが抑えられています。

 

 

ドア下部のプレテクター部分に

メッキモールがはめ込まれています。

 

 

ウインカー付きドアミラーです。

 

フロントフェンダーに付く

ホンダ車のハイブリッドエンブレムは

控えめで小さくなっています。

 

 

最近のクルマは

テールランプもラインLEDになっています。

 

 

最近はどのメーカーも

4WD車はAWDと呼ぶことが一般的です。

 

AWDエンブレムが無いクルマも多いですが、

CR-Vには付いています。

 

 

マフラーの吹き出しは一本出しです。

 

目立たないよう、右下に下げられています。

 

 

車格の問題もあると思われますが、

ボンネットはスチール製です。

 

ダンパーによる固定方法ではなく、

ついたて棒になっています。

 

 

最近はどのメーカーも

フェンダーを固定するボルトが見えないように

配慮されています。

 

 

ハイブリッド車に7人乗りはありません。

 

荷室は思ったより広く感じました。

 

 

荷室横に

12ボルト電源があります。

 

これは便利な装備だと思います。

 

 

スペアータイヤはなく、

パンク修理キットを積んでいます。

 

 

マスターピースは

電動パワーゲートを装備しています。

 

 

後席は荷室からワンタッチで倒すことが出来ます。

 

 

6対4ぐらいの比率で倒せます。

 

 

荷室と完全なフラットではありませんが、

荷物を積むときに便利です。

 

 

後席シートの背もたれは、

若干ですが、角度が調整できます。

 

 

インテリアは直線基調でデザインされています。

特に木目のの質感は見事だと思います。

 

今日も読んで頂き、ありがとうございます。

これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ