会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

名古屋モーターショー(3)

2019/12/18 (水)


スズキのバイクコーナーに
油冷エンジンの新型バイクがありました。


250cc単気筒エンジンです。
水冷ではなく、オイルで冷却するものです。


展示車はカウル付きとカウルなしがあり、
こちらはカウル付きの「ジグサーSF250」です。


今年発売された新型カタナです。


グローバルに売るバイクということで、
ブレーキはブレンボになっています。


LEDになっているウインカーは、
根元で折れ曲がるタイプです。


エンジンはブラックの艶消し塗装になっています。


伝統のカタナマークです。


テールランプとライセンスホルダーは、
スイングアームから片持ちになっています。


シート下にもカタナのロゴが入っています。


初代モデルにあった
シートの3本スリットも入っています。


先代刀にあこがれたユーザーは、
年齢的に50代がメインだと思われます。

初代はセパレートハンドルでしたが、
新型は乗りやすさを考慮し、
アップハンドルになっているものと思われます。


マイナーチェンジした「レクサスRX」です。
グリルの模様が変更され、
左右のフォグランプが下に移動しています。


テールランプの中身のデザインが変更されています。


レクサスブースに展示してあったレクサスLSには、
オプションで150万ほどするキリコ調カットガラスが付いていました。

始めて実物を見ましたが、
布を丁寧に曲げてからミシンで縫ってあります。


長年、スバル車で愛されてきた「EJ20」エンジンです。


水平対向ということで、
どうしても横に長いエンジンになるようです。


来年発売予定の「レヴォーグコンセプト」です。


濃いガラスになっており、
室内は非公開になっていました。


ニッサンの軽自動車EVコンセプトです。


銅のような色がきれいでした。


東京モーターショーは
普通車のSUVになっているEVコンセプトがありましたが、
名古屋にはありませんでした。

実物を見たかったので、
残念でした。


市販車はもっと実用的なデザインになると思われます。


GT-Rの生誕50周年記念車です。


マイナーチェンジした「NSX」です。




ホンダの市販EVです。


街に溶け込むような
可愛らしいデザインです。




室内は左右いっぱいにモニターがあります。

ドアミラーはデジタルになっていました。


テスラの縦を横にしたような
斬新なデザインです。


展示車は、時々、日本の風景が表れるようになっていました。


今回、興味があった「新型アコード」です。


インサイトを大きくしたようなデザインです。


アルミデザインは、
現行モデルのデザインを大胆にしたように見えます。


最近発売される新型車は
ナビ画面が独立しているタイプが多くなっています。


2名分のシートメモリーがあります。


スマホの置くだけ充電も付いていました。


トランクオープナーが
運転席ドアに付いています。


ドームがあるところに、
岡崎のロッキーオートさんの
レプリカ「トヨタ2000GTオープン」がありました。


前期タイプのレプリカになります。


テールも再現されています。


オリジナルとは異なりますが、
内装も似せて造られていました。
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ