会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

メルセデスベンツEQC400AMGライン(2)

2021/2/6 (土)



冬は陽が落ちるのが早いので、
あわてて写真を撮りました。



ガソリン車だと
燃料を入れる場所が急速充電口になっています。



急速充電口は
フタがついており、
内部はフルトリムされています。



チャデモの急速充電口が表れました。



急速充電リッドの裏に
タイヤ空気圧表示があります。



リヤバンパー右に
普通充電口があります。



急速充電、普通充電とも
クルマが開錠されていれば
プッシュすることにより開けることが出来ます。



こちらが普通充電口です。

欧州で使われているコンボ式充電だと
急速と普通充電口が同一になっており、
日本仕様のみの装備だと思われます。



普通充電は
100ボルトから250ボルトに対応しています。

充電ソケットを抜く手順が
分かりやすく図で解説してあります。



リヤバンパー下はフィン状になっており、
おそらく空力を考慮しているものと思われます。



バンパーの低い位置に
牽引フックを取り付ける場所と
センサーが付いています。



ベンツの4WDは「4MATIC」といいます。



400は
モーター出力がガソリン車の
400psに相当しているという意味です。



ゲートにある
大きめのルーフスポイラーです。



開口部の広いムーンルーフを装備しています。



高級車ということで
ボンネット開閉はダンパーです。



EVなので
エンジンはありませんが、
ボンネット裏に遮音材があります。



ポップアップボンネットが付いています。



このメッシュ状になっているカバーの下に
補機用バッテリーがあります。



エンジンカバーは2か所あるピンで留まっており、
簡単に取り外すことが出来ます。

エンジンの代わりにモーターがあります。





右ハンドル車は助手席側にバッテリーがあります。

この部分の形状は左右対称になっており、
左ハンドルの場合、
補機用バッテリーが右に移動するものと
思われます。



フレームのコアサポート部分は
アルミ製になっており、
ボルトで留められています。



奥にあるワイパー部分を見ると
ベンツらしさを感じます。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。



































































 
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ