会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

メルセデスベンツEQC400AMGライン(6)

2021/2/11 (木)



もう一度、クルマを見渡して
忘れていることはないかを確認しました。



リヤゲートは、
ベンツマークの上部を押すことにより開きます。


スタートボタンを押して
電源が入るとEQマークが浮かび上がります。

Qの文字は電源マークに似ています。



モニター左にメルセデスベンツのロゴが
浮かび上がります。



しばらくすると
アナログになっている針メーターが浮かび上がります。



地図画面はカラフルですが
高級感を感じます。



正規輸入車は
モニター文字がすべて日本語になっています。



クルマの関する設定は画面で行うことが出来ます。



オーディオのブルメスターロゴは
削り出しになっており、
とても高級感があります。



やや低い位置に
左ドアミラーが付いており、
シートを下げると見づらくなります。




ドアミラー内に後方接近車が表示されます。



インパネにラインLEDが入っており、
色を変化させることができます。

幾何学的なエアコン吹き出し口の
デザインと銅のような色は、
未来的であり高級感を感じさせてくれます。



ステアリング手元の左右にホールが開いており、
ここに指をおいて動かすことにより
ナビ画面とメーター中央モニターを操作できます。



ジープラングラーのように
フロントガラスにベンツのロゴが入っています。



試乗した感想としましては、
「すばらしい」としか言いようがありません。

走る、曲がる、止まる。どれをとっても
文句のつけようがありません。

私はEVが好きで、リーフ、テスラモデルSに乗ったことがありますが、
一番完成されているEVだと思います。

ガソリン車と違い、EVは無音で走ります。
その場合、今まで気にならなかった音が聞こえます。

一番気になるのはタイヤノイズです。
ミシュランタイヤの静粛性は抜群でした。

その他でいうとエアコンの作動音も気になってきます。

ベンツの場合、どれもが抑えられており
まさに宇宙船のように無音で走ってくれます。

室内に金属部品が多く使われており、
さすがにベンツだと感じました。

この後、ポルシェタイカンに乗る機会がありましたが、
走りの質はベンツが上だと思いました。




























 
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ