社長ブログ

社長ブログ社長ブログ

~現行型 LEXUS IS 見てきました~

2016/10/22 (土)

こんにちは、フリード代表の鈴木孝洋です!



昨晩は月に一度の、中小企業家同友会の例会でした。

「リーダーシップとは?」というテーマのもと、

4時間弱勉強させていただきました。



会社を経営していると当然、イイことも悪いことも起きる中で、

中小企業のリーダー(経営者)は、



「悪いときほど、基本に戻らなければいけない。まず現場に出ること。」

「中小企業の風土は、経営者の喜怒哀楽によって決まる。」




こんなことを教えていただきました。





さて、ここからが今日の本題となります!

例会前に、少し早く到着することができたので、



「そろそろ、あるかな?」



と思い、ミッドランドスクエアに立ち寄ってみたら、ありました!







一昨日、マイナーチェンジを行った、



「現行型 LEXUS IS」です。











遠目からのパッと見は、前期モデルとさほど変わりないように思えるかもしれません。

昨年11月にマイナーチェンジを行った「GS」の時に比べると、

外観上の変化は少なく感じますが、細かく見てみると確実に「進化」しています。

またより「凝った」デザインになった印象を受けました。



内装では、ナビディスプレイがワイドに大きくなったことが、

最大の変更点でしょうか(^^)





見難い写真で恐縮ですが、

ヘッドライトの形状は大きく変わり、

新たなデザインの、L字型・三眼フルLEDヘッドランプ

が採用されました。



フロントバンパーは、内蔵型のフォグランプはなくなり、

すっきりとした感じに仕上がりつつ、よりシャープな形状になりました。





展示車はターボモデルの「200t F-SPORT」ですが、

スピンドルグリルの形状、網目のデザイン共に、

よりアグレッシブな印象を受けました。





改めて少し離れて、真正面からフロントグリルを見ると、

「お寺の屋根」に見えるのは私だけでしょうか?(笑)



「GS」同様にセンターが突き出すデザインのフロントバンパーは、

非常に立体感があり、今のレクサスらしいカッコよさを感じます!





二日前に発売されたモデルとあり、人だかりは絶えなかったです。

30代から60代の男性が常に、このニューモデルをチェック

されていました。



3分程度の見学となりましたが、「雰囲気」は十分掴めました!



国内で「LEXUS」ブランドが誕生して、早12年目となりました。

今後も新たなモデルが続々と誕生しますので、私個人も目が離せません。



最後に、LEXUSIS・今回のマイナーチェンジの主な変更点を

載せさせていただきます。



・サスペンションのストローク速度が極めて低い状態から十分な減衰力を発揮する

改良型ショックアブソーバーを採用。



・フロントサスペンションロアアームをアルミ製に変更し、剛性アップと軽量化を両立。

さらにスプリング・ブッシュの特性や、AVS、EPSの制御など、細部に至るまでチューニングを施し、

操縦安定性と乗り心地をより高次元で両立。



・エクステリアでは、フロントまわりが、スピンドルグリルから始まるセンター部の立体と大きく張り出した

台形状のバンパーコーナーの立体が明快なコントラストを生み出し、踏ん張り感のある力強い造形を表現。



・ヘッドランプは、内側に延長することで特徴的な形状とし、L字型のクリアランスランプとの連続性を高め、

鋭さを強調。



・インテリアでは、ナビディスプレイを10.3インチに拡大。



・ナビゲーションやオーディオの情報をより大きく鮮明に表示するとともに、

リモートタッチ側面にENTERボタンを設置し、利便性・操作性を向上。




・内装色は新たにニュアンスブラック、シャトー、ノーブルブラウンを採用し全5色を設定。



・ボディカラーは、新たに「グラファイトブラックガラスフレーク」、「ディープブルーマイカ」

を含む全11色を用意。




※以上 グーネット より抜粋させていただきました。



それでは、Seeyou,mate!!
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ