社長ブログ

社長ブログ社長ブログ

~新型エスティマ~(再度更新しました)

2016/6/15 (水)

おはようございます、フリード代表の鈴木孝洋です!
本日は朝五時に起きて、忘れ物を会社に取りに行き、
6時台の新幹線に乗って今は東京方面へ向かう車内です(^^)



自身と自社の将来を切り拓く、
ヒントを得るための勉強です!
さて、昨日は近所のディーラへ行き、
今回大胆なマイナーチェンジをした
「エスティマ」を見てきました。









こんな感じです!

本当は色々とお伝えしたいのですが、
スマホの変換の調子が悪いため、
文章は以上で一度打ちきりし、
後程更新したいと思います。

<追記>
今回はホームページや写真などではわかりづらい、
”雰囲気”を見てみたかったので、
五分程度パッと見ただけです!

外観はミニバン初のツートンルーフが設定されたことが、特徴の一つですね!
前回りは個人的に、プリウスのようなヘッドライトに、
カローラを彷彿させるフロントグリル周りだと感じました。
リアのテールデザインはハリアーに似ていて、
空気の流れも意識した立体的なデザインです。

装備面では、"Toyota safety sence C"を全グレードに標準装備としたことが、
最大の進化だと思います!

http://toyota.jp/estima/safety/tssc/

この装備自体は、レクサスやクラウンなどではオプション設定にて、
10年ほど前からあった装備ですので、決して”最新鋭の装備”ではありませんが、
"Toyota safety sence C"と名前をつけることで、
新たな装備という意識づけと、マイナー前のエスティマユーザーを取り込む狙いがあるのでは?
と思います!(間違っているかもしれません。)
個人的には、"Honda Sensing"のネーミングを参考にしたように感じますが。。。


現行の50型は平成18年にデビューしていますので、
早11年目ということになりますが、
おそらくディーラー側の要望があって、今回のマイナーチェンジに踏み切ったことと思います。
(以前は生産打ち切りになる予定だった、と聞いています。)

試乗はしていませんので、走りの面に関してはコメントできませんが、
子供を持つ一人の親として一つ気になるのは、
乗り込み時の床の高さです。

この部分に関してはマイナーチェンジであるが故に、仕方がありません。
低床が流行りの、ニューモデルのミニバンと比べると、お子様やご高齢の方には、
少々乗り降り時の踏ん張りが必要かなと思いました。

ともあれ、長い歴史がある「エスティマ」の動向には、
今後もしっかりと注目していきたいです!


それでは、Seeyou,mate!!
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ