会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

2020年 北海道旅行(22)

2020/4/5 (日)



根室はコテージに泊まりました。



国道44号線沿いにあります。



コテージといっても仮設事務所のようでした。

断熱を考慮してと思われますが、
小さな窓が一つしかありません。



最低限の設備はあり、
2名泊まれるようになっています。



洗面所と台所が同じになっています。



枕が低すぎたので
折りたたんで使いました。



バスは無くシャワーです。



コテージは風連湖に面した場所にあります。

渡り鳥などの撮影を行う人が多く、
ほとんどの人は、レンタカーで来ていました。



早朝に見た風連湖です。



見事に凍結しています。



この日は釧路を経由し、帯広へ向かいました。



国道44号線の途中にある厚岸の街です。



厚岸丘陵公園にある
船を模した遊具です。



道の駅「厚岸グルメパーク」に寄ってみました。



海産物を
たくさん販売していました。



道東道の始発インターである「阿寒IC」へ向かいました。



途中休憩した「長流枝PA」です。



雪は少なめでした。



かつて、幸福駅のあった場所は、
「幸福交通公園」になっています。



昭和48年にNHKのテレビで紹介されてから
一大ブームが起きた駅です。






帯広広尾道の「幸福IC」にあります。

すぐ近くに「とかち帯広空港」があります。



古い車両が2両、展示されていました。



営業していた当時と同じに復元された駅舎です。



駅の看板も復元されています。



観光客が少ない冬期ということで、
売店は休業していました。



ものすごい量の切符が張られています。



土産物屋で買った切符に
願い事を書いて張ってありました。



切符は天井にも張ってあり、
まるでコウモリの巣のようでした。



幸福を祈る「幸福の鐘」です。



近くに「愛国」という名の駅があり、
「愛国」から「幸福」へ行く切符が
大きなブームになっていました。

私も2枚ほどもらった記憶があります。



現在は、
恋人の聖地として観光名所になっています。



帯広の南にあります。



列車は
内部を見学できます。



木造のホームも再現されています。



「幸福駅」の駅名由来です。






外国人用に
英語と中国語で書かれた案内看板がありました。



床が板張りになっており、
列車の中はきれいでした。



ホームから駅舎をみたところです。



駅舎には
切符の他に名刺も張られています。




日時計がありました。



大きなハート形のオブジェです。

ここにも「幸福の鐘」がありました。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。





 
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
サービスファクトリーブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ