会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

妻の実家へ里帰りしました④

2011/4/18 (月)

 鹿児島へ来て4日目は志布志からフェリーに乗り帰る日となりました。
出航時刻は夕方5時50ぷんですので、途中2箇所立ち寄ることにしました。
最初は鹿児島県大口市にある曽木の滝です。



滝近くにたくさんみやげ物屋さんがありました。
ここにもきれいな桜が咲いていました。



滝がある周囲は曽木公園となっており、きれいに整備されていました。



少し歩くと滝はありました。



別名「東洋のナイアガラ」と言われているそうです。
滝は地殻がずれたような形となっています。
滝の全体像が分かる写真をみつけたので、よろしかったら見てください。
     
    http://www3.pref.kagoshima.jp/kankou/touris/shosai/942/



昔ながらの落ち着いたみやげ物屋さんです。
観光客は年配の方がたくさんいました。



この後、海上自衛隊鹿屋基地にある資料館へ行きました。
ここは一年前に訪れましたが、もう一度訪れたいと思っていました。



2階に復元されたゼロ戦が展示してあります。
ゼロ戦は旧名古屋空港、靖国神社、呉大和ミュージアム、
航空自衛隊浜松基地エアーパークで見たことがありますが、
ここのゼロ戦はたいへんきれいにレストアされています。



コックピット内もきれいにレストアされています。



建物が完成する前に搬入したものと思われます。
このゼロ戦が資料館の目玉展示になっているようです。



ゼロ戦は52型で、栄21型エンジンは機体から外して展示されています。



ゼロ戦の横で特攻に関係したビデオを見ることが出来ます。
特攻は元々海軍から始まり陸軍も行うようになりました。
ビデオを見ると平和のありがたさを実感します。
”人の犠牲の上に平和がある”ということです。



この日は今にも雨が降り出しそうな天気でした。
屋外で撮った写真は暗くなってしまいました。



屋外展示の機体は退役した自衛隊機です。
この新明和工業飛行艇US-1Aは近くで見るととても大きく迫力があります。



陸上滑走路も下りれるよう脚が付いています。



お台場にある船の科学館から寄贈された二式飛行艇です。
二式飛行艇のきれいな写真がありますので、よろしかったら見てください。
    
   http://www.symphonic-net.com/france1961/kanoya-2.htm



新明和工業は元々川西航空機製作所と呼ばれていました。
この二式飛行艇と同じメーカーということになります。



ここに持ってきた時に塗装は塗り直したようですが、
屋外展示の為に痛みが出ていました。



なにぶん現存する機体は世界でこれ一機のみです。
後々を考え、屋根を取り付けるなどの工夫が必要ではないかと思いました。



出航1時間ほど前に志布志フェリーターミナルへ到着しました。
すでに乗船が始まっており、追加の車は2台のみでした。



乗船の自家用車は私が一番最後でした。



この日の乗船客は少なめで、両脇と後方が空いていました。



往復割引を使ったのでお値打ちに九州へ行くことが出来ました。



下船した大阪南港かもめターミナルです。
帰り便は黒潮に乗るので、到着時間は1時間速くなります。



帰りは東名阪亀山パーキングエリアで休憩をしました。



旅行の途中、一度給油をしていますが、そのとき燃費を計り忘れてしまいました。
2度目の給油で燃費を計ると、514キロ走り、リッター10.6キロとなっています。
スカイラインはこの車で4台目となりますが、どれも燃費は同じ様です。
3・7リッター3.5リッター、2・5リッターの排気量差はあまり関係ないようです。

スカイラインは排気音質が良く、カーブで良く曲がり、ブレーキも良く効きます。
運転が楽しくなる車です。
シート形状が良く、空力も良いので風切り音も少なく、長距離ドライブは疲れ知らずです。
FR車ですが、燃料タンク搭載位置が後席座面下側にあるので、
トランクスペースは十分な広さがあります。

スカイラインはV6エンジンになってから本当に良い車になりました。
一人でも多くの方に、この感動を味わってもらいたいと思います。

私はこの帰省のために一週間ほど会社を休みました。
私がいなくても普段どおり会社はまわっていました。
快く送り出してくれたA部長を初めとした社員皆に感謝しています。

各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ