会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

CX-8・XD・Lパッケージ AWD(4)

2020/11/21 (土)



助手席から室内をみたところです。

最近のクルマはモニター画面が大きくなっているので、
CX-8のモニターは、
やや小さく感じます。



高級輸入車のように、
たくさんの金属部品が使われているコンソールです。



ステッチと金属部品、木目を見ると、
とても高級感を感じます。



マツダ車は
モニターの操作をコンソールで行います。

サイドブレーキは電動です。



コンソールにある
2名分のドリンクホルダーです。



アームレストは
センターから左右に2分割されています。



左右どちらからも開けることができます。



内部にUSBが2か所あります。



インパネ中央にDVDを挿入する場所があります。



エアコンスイッチは使いやすく、
温度コントロールはダイヤル式が便利だと思います。

シートヒーターもついています。



エアコン操作部分の左上に
ステアリングヒータースイッチがあります。



モニター操作とハンズフリーは
ステアリング左にあります。



右はレーダークルーズスイッチがあります。



左右フロントピラーに埋め込まれているBOSEスピーカーです。



3列目のシートのヘッドレストを立てると
ルームミラーから後席が見づらくなります。

早急に
デジタルミラーを導入してほしいものです。



インパネポケットのフタにも
メッキが入っており、
とても高級感を感じます。



ドアミラーは大きめになっており、
視認性は良好です。



右ドアミラーを見たところです。



エンジンを始動したら回転数が高くなりました。

自動で噴射系のクリーニングをします。



毎日、目にする部分が上質だと
とても満足感を感じます。

マツダのクルマの質感は
大きく向上しています。



短い試乗でしたが、
とてもしっかり造り込まれているクルマだと思いました。



ある意味、欧州車のような
走りと質感を感じました。



ルーフが持ち上げられており、
室内高をかせいでいます。



国産SUVにおいて、
3列目シートの広さは
一番広いものと思われます。



驚くほど静かなディーゼルエンジンと
高い質感を感じるクルマでした。

最近のマツダのクルマは
リセールバリューが高く、
中古車市場で人気があります。

もともとディーゼルエンジンは
ガソリンエンジンよりトルクがあるので、
長距離ドライブに向いていると思います。






































 
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
サービスファクトリーブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ