会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

2021年 北海道旅行(22)

2021/4/14 (水)



展示の紹介は、
かなりユニークな表現になっていました。



ヤマメのジャンプを見ることが出来る水槽です。



残念ながら、ジャンプしませんでした。



世界の淡水魚を展示しています。






まるまると太っている魚です。



ピラルクがいました。

以前、鹿児島水族館(いおワールド)と
岐阜の川島水族館(アクア・トトぎふ)で見たことがあります。



解説は手書きになっており、
集客の多い旭山動物園の影響を感じます。



ピラニアは一匹のみです。



南米に生息しているカメです。












体が透き通っている魚です。






これが「パールグラミー」です。






大ウナギが横たわっていました。






きれいな黄色の魚です。












記念撮影する場所です。








来場者を喜ばせる工夫を感じます。



最近は、どの水族館も
生態系に外来種が及ぼす問題を取り上げています。






生命力の強いミドリガメです。



別名「ミシシッピアカミミガメ」と呼ばれています。



「北の大地の水族館」は、
「イトウ」の展示がメインになっています。



「イトウ」について
詳しく解説されていました。



北海道の方言が使われており、
水族館を身近に感じました。



生態系が変わったことで
絶滅の危機に瀕しています。



青森では絶滅してしまい、
北海道の限られた場所に生息しています。



成長すると1・5メートルになります。



「イトウ」を守ることが
人にとっても良い環境につながると思いました。



最後に、
もう一度「イトウ」を見に行きました。



あまり動いていなく、
体力を温存しているようでした。





この水族館は、
また訪れたいと思います。

今日も読んで頂き、ありがとうございます。
これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。















































 
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ