会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

組合の北京旅行(4)

2012/8/29 (水)



トヨタスープラがありました。



よく見ると板金跡が粗く、車の程度はよくありません。
アルミホイールが社外品なのが気になりました。



上に飾ってあるフォーミュラーはレプリカで、造りはあまり良くありません。



フォードのリンカーンV12エンジン車です。
中国は米国を「美国」と書きます。



型式はKB-V12となっています。
私はクラシックカーに詳しくないので説明ができません。



キャデラックエルドラドです。
昔の中国には米国製大型車が入っていたようです。



トヨタの古いランドクルーザーです。

 

中国製の車ですが、外国車のコピーとの説明があります。



中国のリムジンに相当する「紅旗」です。



1968年製との説明がありました。



中国で組み立てられたプジョー505のようです。



なにぶん説明が中国語と英語のみなので、あまり理解できません。



自動車をパーツで分解した展示品です。



博物館はジャンルごとに展示があり、エンジン単体の展示がありました。



トヨタのマークⅡやチェイサーにあった1JZエンジンは
ヤマハ製エンジンとして展示してありました。



中央はマツダ製V6エンジンです。



いろいろなメーカーと用途に応じたタイヤが展示してありました。



ウレタンバンパーがたくさん展示してありました。



車のボディ構造の展示でしたが、説明はあっさりしていました。



年代物のジャガーです。説明を読むと1946年製とあります。



1928年製のブガッテイです。



中国ではフランスのことを「法国」と書くようです。



F1マシンのタイヤ交換作業ジオラマですが、どこにもフェラーリのロゴは無く、
タイヤもブリジストンでなくライジストンと書いてあります。
このあたりは中国を感じます。



ミツビシパジェロです。



日本でも人気のあるフェラーリディーノです。



イタリアは中国で「意太利」と書くようです。



フランスのシトロエンが展示してありました。



昔のフランス自動車修理工場を再現したものです。



フランスは中国で「法国」と書きます。



車の部品を使ったオブジェです。



何を表現しようとしているのか理解できませんが、これもオブジェです。



バットマンらしき人物と車が展示されていましたが、
どこにもバットマンとは書いてありません。


とりとめのない文章で今日のブログは終わってしまいました。
ここは国立博物館ですが、
偽物の多い中国を感じさせる展示物がたくさんありました。

外国からの観光客を考えたら、もう少し突っ込んだ説明がほしいものだと思いました。
それと日本語表記がほしかったです。

今日も読んで頂きありがとうございます。
これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ