会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

レクサスIS300h Fスポーツ(1)

2013/10/30 (水)

 
 レクサス車のなかでデザインにおけるISの評価は高いものでした。
それでISのデザインはキープコンセプトになったものと思われます。



ボディは新型GSから採用された次世代シャーシーに変更されています。



旧モデルと比べると一回り大きくなっています。

GSと旧ISの中間の大きさになっています。



レクサス車のアイデンティティーであるスピンドルグリルになりました。

スピンドルグリルは車種によって微妙に異なり、
hsとIS、RXは角度がきつくなっています。



ヘッドライトはボジションランプのLED部分が分離されています。

この部分はバンパー内に埋め込まれているので、
数年後のマイナーチェンジで変更できるようになっていると思われます。



このクルマのグレードはFスポーツなので、
フロントバンパー形状が鋭くなっています。



ボディデザインに溶け込んだドアミラーで、
ウインカーも備わります。



最近は、どのメーカーもスポーティグレードのクルマは
ディスクがよく見える
大胆なスポークデザインのものが主流のようです。



Fスポーツは18インチアルミで
タイヤサイズが前後で異なり、フロントが225/40R18、
リヤが255/35/R18になります。



異形サイズの場合、
タイヤローテーションを行うことができないので、
ある意味、便利は悪いと思います。



BMWのMスポーツに対抗しているかどうか分かりませんが、
レクサス車のスポーティグレードはFスポーツをよばれています。



300hのエンブレムは内側がブルーになっています。

今日も読んで頂きありがとうございます。
これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ