会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

プリンス&スカイラインミュウジアム(5)

2013/11/23 (土)




33GT-Rをベースにしたレーシングカーです。



オートバックスレーシングチームです。



GT選手権に参戦したクルマでした。



今回のミュジアム訪問で
見たかったクルマのひとつがこれです。

34GTーR開発にあたり、基礎研究を行ったクルマです。



ボディは艶消しブラックに塗装されています。

34GT-Rのように
フロントアンダーカバーが装着されています。



ぱっと見は33GT-Rに見えますが、
中身は大きく異なります。



リヤスポイラーの形状が変更されています。



34GT-Rのアルミデザインに似ていますが、
18インチアルミになっています。



ホイールベースは34GT-Rと同じ長さに
短縮されているので、
クォーターとリヤフェンダーの中間部分に縮めた接合跡があります。



後部に33GT-Rにはない
アンダースポイラーが装着されています。

メーカーがこのような開発車両を公開することは極めて異例です。



34スカイラインはGTーRが2台と2・5GTーXがありました。

後方のブラック34GT-Rはニュルで性能確認を行ったクルマです。



34GT-Rの生産打ち切り前に限定で発売された「ニュル」です。



当初、300台限定でしたが、
その後500台に引き上げられ、最終1000台になりました。



現在も34GT-Rは中古車で大変人気があります。



私が関心を持ったもう1台はこのクルマです。



R34GT-Rのホイールベースを短縮し、
VQエンジンを載せたクルマです。



ノーマルのスカイラインよりフェンダーが長くなっています。



ボンネットも長く、VQエンジンを搭載するのに合わせて
中央部分に膨らみがあります。



スカイラインに詳しい人が見ると分かると思いますが、
リヤクォーターガラスの形状が異なっています。

一般的に開発に使ったクルマは廃棄処分するのが普通ですが、
数年後にこうした見ると
当時の開発責任者の意気込みを感じ取ることができます。

Z33の先行開発車だそうです。



今日も読んで頂きありがとうございます。
開発過程の試作車を見る機会はほとんどないので、
たいへん興味深く見学することができました。

ミュウジアムのブログはまだ続編がありますので、
よろしかったら読んでみてください。

各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ