会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

レッドバロンのGT750・B3(2)

2012/8/5 (日)



燃料コックが社外品になっていますが、
この部品は現在もメーカーから出ると思います。



リアフェンダー内部の錆は 多いですが、
当時物が付いていました。



リアサスも当時物です。
純正のステッカー跡が残っていました。



ブレーキはレバー&マスターシリンダーとも社外品です。



ホーンは純正品です。
初期の縦溝が付いたホーンは欠品ですが、
これと同じB1以降の溝が無いタイプはメーカーから出ます。



チェンジレバーは後から出た部品のようです。
純正当時物はクロ-ムメッキですが、補給部品はユニクロメッキになっています。



フレームは塗りなおした形跡が無く、当時のままだと思われます。
3型はチェンジレバーの右上にギアのリターン表示があります。



正規国内物のB1とB3は2枚ヘッドになるので、
このバイクのエンジンは載せ替えです。

B3の初期は電動ファンが付いていますが、
このバイクは無いので中期ではないかと思われます。



前回書きましたが、リキッドクールドエンブレムは当時物です。
シリンダーブロックにある738CCの刻印が大きいタイプになっています。

私が今まで見た数台のGTから判断すると、
エンジンブロックは数種類存在するようです。



燃料タンクはB5用なので、
B3の車体にB5のパーツを移植していると思われます。



このアングルから見るとアメリカンタイプのバイクに見えます。
シートが社外品でアン抜きしているからかもしれません。

GT750は個性の強いバイクで
欠点もありますが、私にとっては粗削りで魅力あるバイクです。
各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ