会長ブログ

会長ブログ会長ブログ

組合の北京旅行(2)

2012/8/16 (木)



今年のお盆は休み前に体調を崩し、風邪をひいてしまいました。
その前から風邪をひいていたのですが、
治りかけの時に胃腸風邪になってしまいました。

最終日のみツーリングへ行きましたが、
後は家でじっとしていました。



組合旅行の2日目は北京動物園へ行きました。



動物園といってもパンダを見たのみです。
中国でパンダは「大熊猫」と書きます。



ちょうどパンダ舎の清掃中だったので、
見ることができたパンダは2頭のみでした。



パンダ舎の前に1頭いました。



パンダの特徴が中国語と英語で説明してあります。



上のパンダを別のアングルから撮った写真です。



全体で6頭いるそうですが、外にいたのは1頭のみでした。



日本の上野動物園と違い、
待たずに見れたのはラッキーでした。



この後、中国の王朝、西太后が過ごした「頤和園」へ行きました。
この場所も世界遺産になっています。



内部は広大で、庭というより湖のようでした。



この場所も観光客が多く、屋台がたくさん出ていました。



湖の全体を見渡せる展望台です。



池の周囲に中国を思わせる建物がたくさんありました。



この後、橋を渡り中央にある島へ行きました。



何しろ観光客が多く、ガイドさんを見失いそうになります。



島の中央には寺がありました。
中国の寺はとてもカラフルです。



昼食へ行く途中、北京オリンピックのメイン会場に寄ってくれました。
通称「鳥の巣」と呼ばれる建物です。



昼食は飲茶料理でした。



昼食会場のレストラン駐車場です。
中国のバスはマンガチックに見えます。



この後、「万里の長城」へ向かいました。



延々と4千キロ以上ありますが、
見たのは観光地になっている一部分のみです。



中国の案内看板は中国語と英語のみです。
英語名は「GREAT WALL」となっていました。



バスの駐車場から少し歩き、やっと入り口に着きました。



奥に「万里の長城」が見えました。



ここで入場料を払います。
団体旅行ですので、ガイドさんが払ってくれました。



長城は坂に階段がないので、歩くのがとても疲れます。



途中にある櫓は、のろし台とのことです。



何度も修復されているようですが、
落書きが多く、見苦しく感じました。

日本の国宝もそうですが、歴史的遺産は後世に残さなければなりません。
こういうものを見てしまうと、がっかりしてしまいます。



山の峰に造られているので、想像以上に歩くのは大変でした。



この辺りで体力の限界を感じ、引き返すことにしました。



「長城」は延々と続いていました。
思った以上に中国人観光客がたくさんいました。



坂は見た目以上に急でした。
大昔に人はよく造ったものだと思いました。



この日は夕食が自由行動なので
知り合いの業者さんと食べに行きました。



本格的な中国料理なので、
とてもおいしかったです。

今日も読んで頂きありがとうございます。
これ以降のブログは後日アップさせて頂きます。

各店舗ブログ
名古屋長久手本店ブログ
名古屋インター店ブログ
トヨタインター店ブログ
小牧インター店ブログ
社長ブログ
社長ブログ
会長ブログ
会長ブログ